ナ マ 風 呂

ナマックカフェのお知らせと湯加減
8/30(水)ホーメイ・ワークショップ Vol.48 久しぶりに再開します!

店情報 | 11:28 | - | -
8月のカレンダー
<お休み> 
   
      1(火)
      8(火) 
     15(火)

     22(火)
28(月)29(火)〜二連休〜
*通常定休は(火)です。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<イベント情報>
/5(土) ブルガリアおんがく@ナマックカフェ
         7pm. Open / 8:00pm. Start 投げ銭+オーダー
8/30(土)ホーメイ・ワークショップ  Vol.48
        7pm. Open /  8pm. Start  (参加費)¥2000
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*詳細はチラシをごらんください*
 
お問い合わせ予約は045−542−3330ナマックカフェまで
 
店情報 | 12:29 | - | -
8/5(土)ブルガリアおんがく@ナマックカフェ

- | 16:49 | - | -
7/29(土)"Naked Live Revisit" 本間章浩、高井つよし

- | 11:53 | - | -
7/8(土)KAMOSU 投げ銭ライブ!

- | 12:17 | - | -
6/10(土)Live AT HOME 綱島 〜フォーク者イサジ式

店情報 | 13:41 | - | -
5/27(土)Naked Live Revisit 〜なかおちさと、高井つよし

店情報 | 17:42 | - | -
5/13(土)綱島海賊ラジオ企画 vol.3 細野晴臣特集〜日本のロック・ポップス〜

店情報 | 13:33 | - | -
3/18(土)TS 海賊ラジオvol.2 〜日本のロック・ポップス〜山下達郎特集

 

店情報 | 12:13 | - | -
言葉はむずかしい(7)〜番外編〜どらみちゃんとどらえもん

 銭湯が建て替えられると番台がなくなり、ほとんどがロビー式になって風呂屋の主人は玄関側を向いて坐り、板場や風呂に背中を向けて監視カメラのモニターを膝元で覗くことになる。

 

伝統的な番台は男湯と女湯を両方同時に俯瞰する位置に坐って監督して安全管理、会計、石けん販売から、世間話までこなす。

なかには何を話しているのか分からない程の与太者にも相づちをうち、客の手の届かない背中にクリームをぬったり、湿布をはったりと、まさに家族付き合い、街の「おとうさん」「おかあさん」といった風情がある。

 

 昔ながらの番台のある風呂やが好きな私は籐籠に脱ぎ散らかした服をそのままに、パンツ一丁で中庭にある縁側で涼んだり、板場にもどって腰痛シップを貼ったりして風呂上がりをくつろいでいた。

 

 「番台」は客の立ち目線より若干高い位置にあるため登るには脇の扉を開けるとだいたい二三段の梯子か棚が仕切ってある。

行きつけの銭湯の番台に坐ったおばあさん(多分七十半ば)はとてもやさしい人で、丸めがね、丸顔、いつもゆっくりした動作で、話し方も「まんが日本むかしばなし」の声優市原悦子が芸能界入りしないで東北の片田舎でお百姓さんをしていたら似ていたかもしれないかんじである。

 その番台のおばあさんが脇の扉を半開きにしながら座り板の下段に置いてある洗面器に手ぬぐいをしまおうとしていた。

ただ一旦降りてからしまえば姿勢が楽だが、お年寄りで面倒だったのだろう、坐ったまま下に手を伸ばしても身体がカタくてとどかない。私は小走りに近寄って代わりに手ぬぐいをしまってあげた。

 するとおばあさんが

「あら、ありがとうねえ、おばあちゃんになっちゃって、こんな固まって、手が届かなくてねえ。これじゃあ、まるでどらみちゃんだわ」「いやあねえ、どらみちゃんになっちゃって、、」

 

 って、「おかあさん、どらみちゃんはそんなんじゃないですよ!」っとは瞬時に思ったがそう言わず、

「いやあ、おかあさん、まだまだどらみちゃんなんかじゃないですよ!」

 「どらみちゃん」なんかじゃ、「まだまだ」って顔の前で片手を左右に振りつつ、口ではそう言いつつ腹の中で笑ってしまった。

「俺は何を言っているのか?」「どらみちゃんなんかじゃない?」どらみちゃんはどらえもんの妹で、未来から来た猫型ロボット。

子供たちに人気のかわいいキャラ。でも話は通じている。誤解があっても。しかもより強い伝達力で。

 

「いやあ、どらみちゃんなんて、、」とかおもいつつ板場で服を着たり持参の湧き水を飲んだりしていると、夕方の番台交代の時間になりおとうさんがやってきた。

番台は一人しか坐れないからおかあさんが扉を開けて降りようとした瞬間おとうさんが持っていたじゃら銭を板場にばらまいてしまった。「ああ、おとうさんまでどらえもんになっちゃって、まあ、しょうがないわね〜、どらえもん」

って「おかあさん、どらえもんはそう言う意味じゃないですよ!」とは言わず、笑ってじゃら銭拾いの手伝いもできず、

みんなで「どらえもん、どらえもん、」と無事番台交代もすんで、背の高いしっかりした体格のおとうさんが番台に坐った。

 

思い出す度に笑ってしまう。きっとお二人とも孫のみている「どらえもん」「どらみちゃん」は知っているのだろう。

いったいどのように解釈したのだろう。かがんだ姿のどらみちゃんが脳裏に焼き付いてはなれない。

 

っということで年末「お笑いシニフィアン、シニフィエ」の一席。

今回は「ナマ風呂」メニュー『散歩道』と『銭湯日記』の共同企画でした。

 

来年正月二日の朝湯にはまたここの銭湯にいきたいと思います。

 

散歩道 | 18:15 | - | -
| 1/28PAGES | >>


Namak Cafe
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
携帯QRコード
qrcode
RECOMMEND

OTHERS
SPONSORED LINKS